ホーム

セーフトレース スチームトレーサー:

BTS - 通常の配管温度が38°C~121°C(100°F~250°F)のスチームトレーサー
SLS-IT - 通常の配管温度が24°C~93°C(75°F~200°F)のスチームトレーサー
DLS-IT - 通常の配管温度が5°C~54°C(40°F~130°F)のスチームトレーサー

セーフトレース スチームトレーサー

配管の防寒用として設計されたセーフトレースは、熱傷のリスクを大幅に軽減します。このスチームトレーサーは、感温性のプロセスで必要とされる予測可能な熱伝性を提供します。

セーフトレース スチームトレーサーは、高温粘着テープで簡単に施工することができます。

CompuTrace® ST Designソフトウェア