ホーム

トレースネットTCM18
電子制御・モニタリング

トレースネット TCM18は、ヒートトレース専用に開発された、18回路マイクロプロセッサを基盤とした温度制御・モニタリングモジュールです。このモジュールは、プロセス感知制御(各回路ごとに1つまたは2つのRTD入力)あるいは外気温比例制御(温度モニタリング機能管理用として2番目のRTDオプションを使用)のいずれかに対する設定が可能です。

トレースネット TCM18では、各モジュール前面にあるLCDデジタルディスプレイと専用のタッチパッドで回路情報とプログラミング機能を確認することができます。また、TraceNetコマンドからコントロール・モニタリング機能へのフルアクセスを設定することができます。

トレースネット TCM18には2つのRS485ポートがあり、Modbus ASCIIまたはRTUプロトコルを用いて通信を行います。1つ目のポートは、TraceNetコマンドまたは対応するDCSシステムへの通信に使用されます。2つ目のポートは、専用のイーサネットまたは筐体内にあるワイヤレス通信モジュールとの補助的なRS485通信用に使用されます。

トレースネット TCM18 - 電子制御・モニタリング 動画を見る

見積依頼書