ThermonPrimaryLogo_2017.svg

このサイトはクッキーを使用しています。 閲覧を続けることにより、お客様は本サイトでのクッキーの使用に同意されたものとみなされます。 OK
ブルース・セイムス
ブルース・セイムス

社長兼最高経営責任者

ブルース・セイムス

ブルース・A・セイムスは、取締役副社長兼COOとして2015年4月にサーモンに来ました その後、社長兼最高経営責任者に昇格し、2016年4月1日付けで取締役に任命されました。

サーモンに入社する前は、2012年からオクラホマ州タルサのTD Williamsonで上級副社長兼最高執行責任者をしていました。TD Williamsonは、国内外の加圧配管システムのオーナーやオペレーターに対しソリューションポートフォリオを作成して提供しています。TD Williamsonには2005年に北米担当副社長として入社しました。TD Williamson在籍中には、東半球担当副社長兼本部長も務めました。

サイムスが最初に就職したのはCooper Industeis (元Intool)で、12年間の間に製品エンジニアリング、マーケティング、オペレーショングループの中で様々な役割を担いました。

その後、GE Energy (元Dresser Flow Solutions)(「Dresser」)に転職し、2002年から2005年の在職中に、主に北米オペレーションズ担当部長やDresserのバルブグループでボールバルブのグローバル製品部長を務めました。サイムスは、テキサス大学オースティン校で機械工学の学士号を取得しています。

ジェイ・C・ピーターソン
ジェイ・C・ピーターソン

最高財務責任者

ジェイ・C・ピーターソン

ジェイ・C・ピーターソンは、2010年7月に最高財務責任者としてサーモンに入社しました。サーモン入社以前は、アシュア・ソフトウェア(NASDAQ: ASUR)(元フォージェント・ネットワークス社)(「フォージェント」)で、最高財務責任者、財務担当副社長、財務担当上級部長、h秘書・会計担当を務めました。1995 年にフォージェントに入社し、2001年に最高財務責任者に任命されました。

フォージェント以前は、デル・コンピューター社で1ドルの直接部門で業務担当補佐でした。また、IBM社(NYSE:IBM)でも11年間、様々な財務管理の職を務めました。

ピーターソンは、ウィスコンシン大学で文学士号と経営学修士号を取得しています。

ヨハネス(レネ)・ヴァン・ダー・サルム
ヨハネス(レネ)・ヴァン・ダー・サルム

グローバルオペレーションズ担当上級副社長

ヨハネス(レネ)・ヴァン・ダー・サルム

ヨハネス(レネ)・ヴァン・ダー・サルムは、サーモンのオランダのペイナカにある欧州本社で欧州ロジスティクスのマネージャーとして2001年10月にサーモンに入社しました。

2006年に、製造&ロジスティクス担当副社長に昇格しました。その期間中、アメリカ合衆国と欧州のオペレーションを両方を監督していました。2007年には、アメリカ合衆国へと転勤し、オペレーションズ担当上級副社長に昇格しました。当社のエンタープライズ・リソース・プランニングのソフトウェアを世界中での導入する際に重要な役割を担いました。

2011年に、グローバルオペレーションズ担当上級副社長に昇格しました。学部を卒業して、しばらく兵役に従事した後、サーモンに入社するまで石油化学産業でセールスマネージャー、プロジェクトマネージャー、プロダクションマネージャーを務めました。

アムステルダム工科大学で機械工学の学士号を取得しています。

エリック・レイトラー
エリック・レイトラー

グローバルセールス担当上級副社長

エリック・レイトラー

エリック・レイトラーは、1998年10月にアメリカ中西部担当営業部長として入社し、サーモンのマーケットシェア拡大の確立、強化において重要な役割を担いました。2013年9 月、グローバルセールス担当副社長に昇格し、ミシガンからテキサス州サンマルコスの本社へと転勤しました。

2015年4月には、当社のグローバルセールス&マーケティングの取り組みの総括であるグローバルセールス&マーケティング担当上級副社長の任務に就きました。サーモン以前は、電力、石油・ガス産業で様々なエンジニアリング、プロジェクト管理、オペレーションの役割を担っていました。

ジョージア工科大学で機械工学の学士号を取得しています。

ジム・プリブル
ジム・プリブル

事業開発担当上級副社長

ジェームズ・プリブル II世

ジェームズ・プリブル II世は、2016年5月にグローバル事業開発担当上級副社長としてサーモンに入社しました。この立場で、サーモンの吸収合併、製品管理、マーケティング機能を指揮しています。2017年には、リードしてCCI Thermal Technologies社の買収統合を行いました。

サーモン以前は、2013年8月以降、FMC Technologies社の100%子会社Direct Drive Systems社にて社長兼本部長を務めました。この任務の期間中に、FMC Technologies社の新規テクノロジー事業部門で戦略&事業開発部長も兼務していました。FMC Technologies(現TehnipFMC)は、海中システムのグローバル市場リーダーであり、石油・ガスプロジェクト、テクノロジー、システム、サービスの大手プロバイダーです。

2011年にFMC Technologiesに入社し、会社を代表し、生産ライン管理、新製品開発、ビジネス再生、変更管理、グローバルパートナー開拓において様々なリーダシップの役職を担いました。

FMC Technologies以前は、アメリカ海軍で戦闘経験を持つ攻撃用戦闘機のパイロットでした。米国商船隊アカデミーで海上輸送の理学士号、デューク大学フクア経営大学院で経営学修士号を取得しています

キャンディス・ピーターソン
キャンディス・ピーターソン

人事担当副社長

キャンディス・ピーターソン

キャンディス・ピーターソンは、2017年1月に人事担当副社長としてサーモンに入社しました。サーモン入社以前は、国内外の加圧配管システムのオーナーやオペレータに対するグローバルソリューションプロバイダーであるTD Williamsonでグローバルセールス&サービス担当上級ビジネスパートナーでした。

この役割で、当社の5年計画に沿った社員戦略の作成および導入を担当するさまざまなHRチームを先導しました。キャンディスは、TD Williamsonにいた10年間の間に責任のある様々な人事の職に就きました。また人材開発プログラムの構築やHRISシステムの導入において重要な役割を担いました。

TD Williamson以前は、ソルトレークシティ学区で人事一般職に就いていました。

カリフォルニア州オレンジ郡のチャップマン大学から組織リーダシップの学士号を取得しています。

デイビッド・ブンティン
デイビッド・ブンティン

研究開発担当上級副社長

デイビッド・ブンティン

デイビッド・ブンティンは、2017年1月に研究開発担当上級副社長としてサーモンに入社しました。新製品・テクノロジーの開発および商用化において20年以上の経験を持ってサーモンに来ました。

以前は、天然ガスエンジンやコンプレッサ向けの計装機器、画面、制御、燃料システムを提供するEnovation Controls社で最高執行責任者を務め、そこで多領域で構成されるグローバルチームのリーダーでした。

Enovation Controls以前は、Secure Logixでエンジニアリング担当副社長を務め、また、サウスウエスト・リサーチ・インスティテュートで様々なエンジニアリングの要職に就いていました。

ベイラー大学で電気工学の学士号、テキサスA&M大学で電気工学の修士号を取得しています。

マーク・ロバーツ
マーク・ロバーツ

グローバルエンジニアリング&プロジェクトサービス担当上級副社長

マーク・ロバーツ

マーク・ロバーツは、2016年10月にグローバルエンジニアリング&プロジェクトサービス担当上級副社長としてサーモンに入社しました。サーモンに入社する前は、Audubon Engineeringで副社長、取締役副社長、そして最後には社長を務めていました。

エネルギー産業で35年のキャリアの間に、テクニカルセールス、事業開発、エンジニアリング、事業部門管理において取締役や役職に就いていました。

テキサス大学オースティン校で化学工学の学士号を取得しています。

サラ・アレクサンダー
サラ・アレクサンダー

総務会&投資家担当部長

サラ・アレクサンダー

サラ・アレクサンダーは、2008年10月にサーモンに入社しました。2014年8月には、総合弁護士の職に昇格しました。現在の役割では、とりわけ、契約書、コンプライアンス、訴訟、証券、雇用関係、外部弁護士との関係管理など、世界全体での法務関係全ての監督責任があります。

サーモン入社当時は、コンプライアンス・スペシャリストという新たに設置された役割に就き、世界全体でのコンプライアンス・プログラムの作成、強化、トレーニング、監査の任務を負っていました。2009年10月には、社内弁護士の職に昇格し、オークションプロセスでの詳細調査など追加責任を引き受け、これが最終的には2010年4月のCHS取引につながりました。

CHS取引の後は、主席弁護士とインベスター・リレーションズ(IR)の部長を兼務し、その間にIPOまで当社のIR活動の指揮を執り、IPO後は公開企業の証券関係全てとその報告義務を管理し、日常的な法務関係の責任の重い任務を遂行してきました。

2005年にフロリダ州マイアミショアのバリー大学で金融経済および経営情報システムの理学士号、2008年にマイアミ大学法科大学院で法務博士号を取得しています。