ホーム

配管凍結防止

セーフトレース アイソレイテッド スチームトレーサー製品:
BTS  通常の配管温度が38°C~121°C(100°F~250°F)のスチームトレーサー
SLS-IT  通常の配管温度が24°C~93°C(75°F~200°F)のスチームトレーサー
DLS-IT  通常の配管温度が5°C~54°C(40°F~130°F)のスチームトレーサー

配管凍結防止

配管凍結防止

スチームトレース

低温から中温の熱要件に対応するよう設計されたサーモンのセーフトレースは、熱伝導を抑えて熱の出力と温度を下げる複合材料で覆われたトレーサーチューブです。セーフトレース SLS-ITとDLS-ITの熱出力は抑えられ予測可能なため、トレースパイプの全長にわたって、高熱の部分や加熱の心配なく熱の分布を確実に制御することができます。また、これらのトレーサーは黄色の安全識別ジャケットを用いて、スチームなど本質的に危険な物質の存在を示します。

見積依頼書