ホーム

ホッパーヒーティング

用途:
ヒーターの主な用途はホッパー表面の加熱です。効率的で確かな性能のホッパーヒーターシステムは、集塵装置やバグハウスホッパーから粉塵を取り除く重要な役割を果たします。ホッパーヒーターはホッパーの起動時に予熱をし、結露を防止するよう設計されています。また、通常の動作時にはホッパー(および粉塵)が燃焼ガスの温度を酸露点より高く維持できるようになっています。

現場での経験:
過去十年の間、圧縮、凝集および凝固に起因するホッパーの詰まりを最小化または除去するために、多くの設計や運用手順が試みられてきました。以前の設計は、管で突いたり機械での振動で圧縮による詰まりを取り除くという方法に基づいたものがほとんどでした。一方で、流動化システムは大がかりなメンテナンスが必要になるという傾向があります。ホッパーヒーティングは凝集と凝固を防ぐ最も実用的な方法であると認識されました。ストリップヒーターを使った以前の設計では、MIケーブルや管状ヒーターはその構造のため、振動による故障が起こりやすく信頼性に欠けるとみなされていました。1975 年、最初のモジュール式ホッパーヒーターが登場しました。このヒーターは、確実に信頼できるホッパーヒーターとして設計されました。

製品 この特別な用途において、サーモンはとても頑丈なモジュール式のヒーターを開発しました。抵抗線の代わりに、このヒーターは高温合金から型押しした発熱体としてインコネル 600 を使い、複数の回路を供給するだけでなく、従来のシステムでは起こりがちだった直列ワイヤーの熱損傷を防ぎます。サーモンのホッパーヒーター HT タイプは苛酷な環境においても 20 年以上のシステム運用に耐えるよう設計されています。

主な用途:
• 並列回路 発熱体
• 確実な接続設計
• 低電力密度
• 振動と衝撃耐性
• 頑丈な構造
• 容易な施工



PDF 版をダウンロード